スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bob Dylan

41yKbKMMF3L.jpg


昨日の日記にも繋がるんだけど、、、
写真はBob Dylanの”追憶のハイウェイ”のジャケで、
そんなかの”Like a Rolling Stone”って曲は
DJやってた頃もよく終盤にかけてた曲。
ライブのバージョンもあるんだけど、全部メロディが
違う(たまに歌詞も違うらしい)。
最初はえっ??って思うんだけど聞き込んでいくと
それぞれなかなか良い。
本人曰く、レコーディングは”record”(文字通り記録)であって
”その時の自分”を単に”記録”するだけの作業。
ライブは”その時の自分”を演奏で人に表現する
事って考えみたい。
昨日JAYWALKの話と対照的かもしれないね、
色々な意見はあると思うけど、俺はこのBob Dylanの考えは好きだ!
なんかシンプルで。
ではオヤスミ、良い夢を☆
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。